東京競馬場ダート1400mの傾向と特徴(脚質・枠順・種牡馬・厩舎・騎手)

競馬場コース傾向

東京競馬場ダート1400mはGⅢの根岸ステークスが行われるコースです。

ダート1400mがあるコースは東京競馬場を含めて4場ありますが、他のコースは芝スタートなのに対して東京競馬場は唯一ダートスタートになります。

コース毎に傾向や特徴があるはずでそれが分かれば高配当の馬券ゲットにつながるはず。ということで今回は東京競馬場ダート1400mについて調べました。

Target frontier JVで2016年~のデータを使用しています。

スポンサーリンク

コース概要

向う正面のダートスタートのコースになります。スタートからコーナーまで442mあります。スタートしてからしばらくして緩やかな上り坂を上り3~4コーナーはほぼ平坦。

コーナーは他の競馬場と比較して非常にゆったりとした作りです

最後の直線は501.6mありダートコースとしては最長。途中高低差2.4mの坂が待ち受けます。

坂を登り切った後も300m以上あり小回りの競馬場とほぼ同じ長さの直線があります。

ペースはコーナーが広い分前半から澱みなく流れ上がりがかかりやすくなりがち。スタミナも兼ね備えた馬が勝ち切ることが出来るコースです。

スポンサーリンク

脚質傾向

逃げ馬優勢ですがダートコースにしてはそこまで成績が良くなく、先行、中団からでも十分来れるコースです。ペースが澱みなく流れやすいのが影響しています。

馬券的には逃・先行の回収率が高くなっているので、逃げ・先行脚質も馬から行くのが無難です。

枠順傾向

あまり大きな差はありませんが、1枠枠の成績が悪くなっています。特に逃げ先行馬の成績が悪いです。1枠に入ると煽られたり揉まれれたり厳しい展開になりやすいためと思われます。

大外枠の8枠の成績も悪くなく、不利を受けにくフェアなコースと言えるでしょう。

種牡馬傾向

複勝率の高い順番に並べており、出走回数10回以下のデータは除いています。

上位にはアメリカの種牡馬の名前が並び外国産馬が強いです。Speightstownは出走回数18回で複勝率66.7%とかなり高い確率で信頼性もあります。Ghostzapper、Macho Unoも良いですね。

国産馬ではヘニーヒューズ、クロフネ、ロードカナロア等が定番の馬で成績もそこそこ。カジノドライヴ産駒も好成績。

ダートの短距離得意なサウスヴィグラス産駒ですがこのコースでは勝率5%と振るいません。メイショウボーラー、マジェスティックウォリアー等もここでは成績が落ちます。

厩舎傾向

複勝率の高い順番に並べており、出走回数10回以下のデータは除いています。

関東の競馬場ですが関西の厩舎が上位に並び関西からの遠征馬が強いコースです。

安田隆、中尾厩舎が複勝率50%超えと立派。安田隆厩舎は出走回数も多く信頼度が高いです。

関東の厩舎では藤沢、田中博厩舎が良いですね。

騎手傾向

こちらも関西所属の騎手の名前が多いですね。厩舎も騎手も今は関西が優勢です。

ルメール騎手が安定の複勝率59.4%。福永、戸崎騎手と続きます。

馬券的には北村友、池添、坂井騎手の単勝回収率が高く狙い目ですね。

まとめ

✓1枠は不利

✓外国産馬(アメリカ産)が好成績

✓関西の厩舎・騎手 安田隆、中尾厩舎 ルメール、福永騎手

あまり大きな傾向や偏りはなく実力通りに決まりやすいフェアなコースと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました