POG2021-2022 ノーザンファームディープインパクト、ロードカナロア、キングカメハメハ産駒

POG2021-22

2021年デビュー予定の馬(2019年産)について調べています。

今回はノーザンファーム生産馬です。POGでいい結果を残すためにはノーザンファーム生産馬は必ず押さえておきたいですね。

種牡馬別に数頭挙げてみましたので参考にして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

2019年産 種牡馬別頭数ランキング

全体ランキング

頭数が多い順に50位まで抜粋しています。

1位は215頭でロードカナロア産駒。5世代目でこの世代はアーモンドアイ等の活躍を受けて種付けされており繁殖牝馬の質もかなり上がっています。3,4世代目から活躍馬が出なかったですがこの世代で巻き返してくるでしょう。

2,3位はドゥラメンテ、モーリス産駒で2世代目ですが多くの産駒がおり人気は衰えていません。

初年度産駒はコパノリッキー、ドレフォン、ザファクター、シルバーステート、ビックアーサー、キタサンブラック、サトノアーサー等。いずれも産駒数は多く活躍馬が出る可能性を秘めています。

キングカメハメハはこの世代がラストクロップ。ディープインパクトもこの世代が実質最後の世代で次の世代は産駒が数頭しかいません。

ノーザンファーム生産馬ランキング

ノーザンファームでもロードカナロア産駒の生産数が1位。この世代はかなりの期待が持てそう。3位は新種牡馬のドレフォン。ドゥラメンテ、モーリス産駒とほぼ同じ産駒数で力が入っていますね。

3世代目のエピファネイア産駒は産駒数が少なくなっており、この世代はおとなしくなるかも。

オルフェーヴル産駒は4頭のみ。この世代と次の世代は見限られた感がありますが20年の産駒の活躍で産駒数は増えていくといいですね。

スポンサーリンク

種牡馬別注目馬

ディープインパクト産駒

まずはディープインパクト産駒。産駒数は33頭おり全ての馬が注目馬ですが何頭か挙げます。

・サリエラ 牝馬(母サロミナ 母父Lomitas)

全姉に有馬記念2着のサラキア、半兄に朝日杯FS、皐月賞2着、ダービー2着のサリオスがいる良血馬です。牝馬で国枝厩舎に入厩予定。

母出産時年齢10歳で活躍し頃の産駒ですね。

・ディーンズリスター 牡馬(母ラヴズオンリーミー 母父Storm Cat)

全兄弟にリアルスティール、ラヴズオンリユーのGⅠ馬がいるこちらも超良血馬。サンデーサラブレッドクラブで募集されており、募集価格は1億4千万円。牝馬としては破格の値段ですね。

兄弟と同じ矢作厩舎に入厩予定です。

・アプリシティー 牡馬(母イルシーヴウェーヴ 母父Elusive City)

全兄弟にセレクトセールでの高額落札馬アドマイヤビルゴやサトノソロモンがいます。兄たちはそこそこ活躍していますが落札価格からするともっと活躍してほしいところ。この馬はシルクホースクラブで募集されており募集価格は1億2千万円です。

美浦の尾関厩舎に入厩予定です。

・タイタンクイーン19 牡馬(母父Tiznow)

去年のセレクトセールで4億7千万円で落札された馬です。兄に鳴尾記念を勝ったストロングタイタンやNHKマイルカップ3着のギルデッドミラーがいます。高額馬はあまり走りませんがこの馬はどうでしょうか。

ロードカナロア産駒

ロードカナロア産駒は57頭。この世代は良血馬が揃います。

・グルアガッハ 牡馬(母マネーキャントバイミーラヴ 母父Pivotal)

半兄に宝塚記念を勝ったミッキーロケットがいる血統です。サンデーサラブレッドクラブで募集されており順調に育成されている模様です。

兄と同じ音無厩舎に入厩予定です。

・プレミアムスマイル 牝馬(母ジンジャーパンチ 母父Awesome Again)

半姉にオールカマーやきさらぎ賞を勝ったルージュバックがいます。キャロットクラブで募集されており池添学厩舎に入厩予定です。

・アゲヒバリ19 牡馬(母父クロフネ)

半兄に青葉賞を勝ったリオンリオン等がいる血統でセレクトセールで2億1千万円で落札されました。祖母にトゥザヴィクトリーがいるのも魅力です。

・ブエナエルドラード 牝馬(母ブエナビスタ 母父スペシャルウィーク)

母ブエナビスタはジャパンカップ等GⅠを6勝した名牝。6頭目の産駒ですがデビューした産駒は全て勝ち上がっておりそろそろ大物が出てもいい頃。国枝厩舎に入厩予定です。

・ライラスター 牡馬(母ハープスター 母父ディープインパクト)

母ハープスターは桜花賞勝馬。キャロットクラブで1億円で募集されており期待の大きさがうかがえます。美浦の木村厩舎に入厩予定です。

その他にもジェンティルドンナやミッキークイーン、メジャーエンブレム等のGⅠ馬に多くつけられています。活躍馬の子供が走ると盛り上がるので頑張ってほしいですね。

キングカメハメハ産駒

ラストクロップのこの世代は23頭。

・リアグラシア 牝馬(母リアアントニア 母父Rockport Harbor)

半姉リアアメリアはローズステークス等を勝った素質馬です。父がディープインパクトからキングカメハメハに代わってどうかですね。木村厩舎に入厩予定です。

・アルジュナ 牡馬(母シンハライト 母父ディープインパクト)

母はオークスを勝った名牝。父がモーリスのお兄さんは2,3着が続き中々勝ち上がれませんがこの馬ははどうでしょうか。池添学厩舎に入厩予定です。

・マシュマロ19 牡馬(母父クロフネ)

母マシュマロは白毛馬で全兄にレパードステークスを勝ったハヤヤッコがいます。この馬は白毛ではないですが、最近の近親馬の活躍からこの馬にも期待でそうですね。

・ウリウリ19 牡馬(母父ディープインパクト)

母ウリウリはCBC賞等を勝ち、叔父にはダービー馬マカヒキがいる血統。半兄のジャカランダレーンはOPで好走して素質の片りんを見せており、この馬にも期待が持てます。

まとめ

今回はディープインパクト、ロードカナロア、キングカメハメハ産駒を挙げました。さすがノーザンファームで良血馬ばかりですね。

この世代の産駒も活躍馬を多く輩出することでしょう。

ところで大手生産牧場の戦略意図が分かれば必然的に馬券は当たりまくる!はノーザンファームがどのような考えで牧場やクラブの経営を行っているかが分かります。

強い馬を生産するだけでなくクラブを通じた的確なレースマネジメントで確実に勝利を積み上げる経営でトップを独走するノーザンファームの姿が分かりやすく書かれていてとても読み応えがあります。

流石にこの本を読んで馬券は当たりまくりませんが、今の競馬界を知るのに役立つ一冊です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました