POG2021-2022 ノーザンファーム新種牡馬キタサンブラック、ドレフォン、シルバーステート産駒等

POG2021-22

ノーザンファーム2021年デビュー予定馬第2弾です。

今回は新種牡馬の産駒を調べました。種牡馬の初年度産駒は種牡馬価値を上げるために良血の繁殖牝馬と配合されることが多く大注目です。

さらにノーザンファームの生産馬ですから、この中から活躍馬が出る可能性も高いでしょう。

※ディープインパクト、ロードカナロア、キングカメハメハ産駒についてはこの記事

※ドゥラメンテ、エピファネイア、モーリス、キズナ産駒についてはこの記事

※ハーツクライ、ダイワメジャー、ハービンジャー、ルーラーシップ産駒についてはこの記事

スポンサーリンク

2021年デビューの主な新種牡馬

キタサンブラック、サトノアラジン、ドレフォン、シルバーステート、イスラボニータ、ビッグアーサー等。

2020年は新種牡馬のドゥラメンテ、モーリス産駒が大活躍でした。

今年デビューの社台SSに入った種牡馬はキタサンブラック、サトノアラジン、ドレフォン、イスラボニータ等となり初年度産駒の活躍が今後の種牡馬としての人気が大きく左右するため生産頭数も多くなっています。

それではノーザンファームの2021年デビューの産駒を見ていきましょう。

スポンサーリンク

種牡馬別注目馬

キタサンブラック産駒

まずはキタサンブラック産駒。2019年産のノーザンファーム生産馬は26頭です。

・ドナブリーニ19 牡馬(母父Bertolini)

半姉はジェンティルドンナで超良血ですね。セレクトセールで1億円以上の落札額が付いています。ドナブリーニ産駒は小さい馬が多いので馬格のあるキタサンブラックは合うのではないでしょうか。

矢作厩舎からデビュー予定です。

・ブラックノワール 牡馬(母ブラックエンブレム 母父ウォーエンブレム)

母のブラックエンブレムは秋華賞の勝ち馬。半姉にフローラステークスを勝ったウィクトーリア等がいます。母はサンデー系種牡馬との間に活躍馬を出しており、この馬も期待が大きいです。

藤原英厩舎に入厩予定です。

・ピエドラデルーナ 牝馬(母スイープトウショウ 母父エンドスウィープ)

母スイープトウショウは宝塚記念勝ちの名牝。産駒から重賞勝ち馬は出ていませんがまずまずの活躍ぶりです。父と同じ清水久厩舎に入厩予定です。

・ラスール 牝馬(母サマーハ 母父Singspiel)

半兄に阪神大賞典やAJCCを勝ったシャケトラがいる血統。サマーハの子供は体質の弱い子供が多いですがキタサンブラックが坂路3本追い等をこなす強い馬だったので補ってほしいところですね。

藤沢和厩舎に入厩予定です。

ドレフォン産駒

ノーザンファームのドレフォン産駒はこの世代40頭います。期待が大きいみたいですね。

・ハイアムズビーチ 牝馬(母ユキチャン 母父クロフネ)

最近活躍の白毛一族。この馬も白毛です。血統的にダートで活躍しそうですが育成段階では芝もこなせそうな走りを見せています。

美浦の萩原清厩舎に入厩予定です。

・リゴレット 牝馬(母プリンセスカメリア母父サンデーサイレンス)

半兄に朝日杯FSを勝ったアルフレード半姉にフェアリーステークスを勝ったフィリアプーラ等がいます。兄弟と同じ様に早くから活躍できるでしょう。

栗東の羽月厩舎に入厩予定です。

・アドマイヤセプター19 牡馬(母父キングカメハメハ)

母のアドマイヤセプターはドゥラメンテの姉で祖母エアグルーヴの超良血馬。半姉のスカイグルーヴも重賞等で活躍しており大いに期待が持てます。セレクトセールで2億円以上の値が付きました。

サトノアラジン産駒

ノーザンファームのサトノアラジン産駒はこの世代13頭。

・サウンドエフェクト 牝馬(母アコースティックス 母父Cape Cross)

半兄にダービー馬ロジユニヴァーズがいます。サンデーサラブレッドクラブで募集されていますね。育成段階では順調さを欠いている様ですが今後に期待です。

美浦の稲垣厩舎に入厩予定です。

・デュアルテイルズ 牝馬(母デュアルストーリー 母父End Sweep)

半兄に兵庫ジュニアグランプリを勝ったデュアリストがいる血統。その他の兄弟もダートで活躍している馬が多いのでこの馬もダートが主戦場になりそう。

シルバーステート産駒

ノーザンファームの生産馬はこの世代9頭。

・カイザー 牡馬(母ヴィヴィットカラー 母父ダンスインザダーク)

半兄にカレンラストショー等がいる血統。兄弟は地味ながらコンスタントに勝ち上がる馬が多いです。栗東の森田直行厩舎に入厩予定です。

まとめ

今回は新種牡馬産駒について挙げました。キタサンブラック産駒に良血馬が多いですね。ドレフォン産駒も良い繁殖牝馬に付けられています。

ところで大手生産牧場の戦略意図が分かれば必然的に馬券は当たりまくる!はノーザンファームがどのような考えで牧場やクラブの経営を行っているかが分かります。

強い馬を生産するだけでなくクラブを通じた的確なレースマネジメントで確実に勝利を積み上げる経営でトップを独走するノーザンファームの姿が分かりやすく書かれていてとても読み応えがあります。

流石にこの本を読んで馬券は当たりまくりませんが、今の競馬界を知るのに役立つ一冊です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました