東京競馬場芝1600mの傾向と特徴(脚質・枠順・種牡馬・厩舎・騎手)

競馬場コース傾向

東京競馬場芝1600mは安田記念、ヴィクトリアマイル、NHKマイルカップ3つのGⅠが行われるコースです。

他にも重賞では富士ステークスや東京新聞杯、2歳重賞のサウジアラビアRC、アルテミスステークスが開催され、マイルのコースでは非常に重要です。

コース毎に傾向や特徴があるはずでそれが分かれば高配当の馬券ゲットにつながるはず。ということで今回は東京競馬場芝1600mについて調べました。

Target frontier JVで2016年~のデータを使用しています。

スポンサーリンク

コース概要

向う正面奥からスタートし3コーナー手前まではなだらかに下り、コーナーに入る前に一旦上りますがコーナーに入ると4コーナーまで再び下り。直線は525.9mあり途中から高低差2.1mのなだらかな上り坂を駆け上がゴール。

3~4コーナーが広いのと下り坂になっていることから、ペースが落ちにくくタフな展開になることが多く、スピードだけでなくスタミナも要求されるコースです。

牡馬より牝馬の方が勝率等が良く、牝馬が活躍しやすいコースでもあります。

スポンサーリンク

脚質傾向

前半~中盤とペースが緩むとなくタフな展開になりやすい事から他のコースと比べると逃げ馬の成績が下がり先行、中団からの成績が上がります。

特に重賞になると逃げより中団からの差し馬が優勢になり、逃げ切りは展開がはまらないと難しいコースですが馬券の回収率は高く展開等を読んで狙ってみるのもいいですね。

近年の東京競馬場は開催が進んでも馬場が傷みにくく、差し馬は内を捌いて伸びてくる馬が有利です。

枠順傾向

枠順による傾向はあまりなく非常にフェアなコースとなっています。逃げ馬になると4枠より内に入った方が成績が少し上昇します。

枠順による有利不利はあまり気にしなくても問題ありません。

種牡馬傾向

勝率の高い順番に並べており、出走回数10回以下のデータは除いています。

ディープインパクト産駒の成績が圧倒的です。出走回数も多く信頼度は非常に高いです。産駒のキズナ、リアルインパクト産駒も優秀。

その他ではハーツクライ、クロフネ、ダイワメジャー産駒の成績が優秀です。

一方エイシンフラッシュ、ブラックタイド、シンボリクリスエス産駒等は期間内に勝ち星がなくこのコースでは不振です。

厩舎傾向

勝率の高い順番に並べており、出走回数10回以下のデータは除いています。

藤沢和厩舎が勝率34.1%、複勝率54.5%と素晴らしい成績です。国枝厩舎も複勝率58.3%と立派。あとは木村、堀厩舎が優秀。

関西の厩舎では藤原英厩舎、矢作厩舎が優秀です。

騎手傾向

勝率の高い順番に並べており、出走回数10回以下のデータは除いています。

ここでもルメール騎手が勝率31.6%、複勝率65.3%と素晴らしい成績。北村友騎手も複勝率53.8%と乗れていますね。その他では戸崎、川田騎手と定番の騎手の成績が良いです。

まとめ

✓牝馬が強いコース

✓先行・中団~が有利

✓藤沢和厩舎、ルメール騎手は鉄板

非常にフェアなコースで強い馬が勝つコース。マイル王者を決めるにはうってつけのコースです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました