POG2021-2022 ダーレー・ジャパンファーム生産注目馬

POG2021-22

今回はダーレー・ジャパンファームの2019年産馬の注目馬です。

ダーレー・ジャパンファームは世界的なオーナーブリーダーシェイク・モハメドが設立した日本法人で世界的良血の種牡馬や繁殖牝馬を繋養しています。

近年ではタワーオブロンドンやファインニードルがGⅠを勝ち生産馬のレベルも年々上がっており、今後さらに多くの活躍馬を出す可能性は非常に高く、指名馬に入れておいて損はありません。

スポンサーリンク

2019年産生産馬種牡馬内訳

2019年産61頭の内アメリカンペイトリオット産駒が約1/3の20頭と圧倒的に多くなっています。アメリカンペイトリオットはダーレーが繋養している種牡馬でこの世代が初年度産駒となり非常に力が入っています。その次もダーレーで繋養しているディスクリートキャット産駒で9頭。その他でもアドマイヤムーン、パイロ等ダーレーで繋養している種牡馬の産駒が中心になります。

スポンサーリンク

アメリカンペイトリオット産駒

アメリカンペトリオットは日本で初めて共用されるアメリカの大種牡馬War Front直系の種牡馬で初年度の種付け頭数は154頭と人気を集めました。

芝マイルのGⅠメーカーズ46マイルステークスを勝っており産駒も芝での活躍が期待されます。

・アクアリスト19 牡馬(母父Coronado’s Quest)

ストリートセンスが父の半姉にJBCレディースクラシックやスパーキングレディースカップを連覇したファッショニスタがいる血統です。母の産駒はダートでの勝ち上がりや活躍が目出しますが父が代わってどう出るか注目です。

・ピクシープリンセス19 牡馬(母父ディープインパクト)

母ピクシープリンセスはエリザベス女王杯で3着の実績がある活躍馬。産駒に2勝ながら堅実に走るピクシーメイデンがいます。母父ディープインパクト産駒と相性が良ければ種牡馬価値を上げることが出来るので活躍してほしいところです。

・プリムローズレーン19 牝馬(母父サンデーサイレンス)

ハービンジャー産駒の半姉にマーメイドステークスを勝ったサマーセントがいます。その他の産駒も勝ち上がっている産駒が多く活力のある血統です。ハービンジャーと同系統になるのでサマーセントと同じ様な活躍を期待したいですね。

・ラッキーボックス19 牡馬(母父ディープスカイ)

母は1勝馬ですが牝系はメジャーエンブレムと同じです。母父がディープスカイのためダート馬に出る可能性が高いですが、芝で先行して押し切る様な馬になっても不思議ではありません。

ディスクリートキャット産駒

ディスクリートキャットは米ダートGⅠシガーマイルを勝った馬でアメリカで種牡馬をしていましたが2017年から日本で共用されています。輸入された産駒から根岸ステークスを勝ったエアハリファが出ています。産駒は芝ダート問わず短距離で活躍する馬が多いです。

・ニューチャプターⅡ19 牝馬(母父A.P. Indy)

母の姉に米CCAオークスを勝ったJilbab等がおり、産駒にはOPで活躍したヴァンヌーボーがいる血統です。父のスピードをうまく遺伝してほしいところです。

・バーンアウル19 牝馬(母父コマンズ)

母馬は1勝馬であまり活躍が出来ませんでしたが牝系を辿るとダイナカールに行き当たりエアグルーヴと同牝系になり血統的に魅力的な馬です。

その他産駒

■ディープインパクト産駒

・ヴァレリカ19 牡馬(母父Dynaformer)

母の産駒からは目立った活躍馬は出ていませんが祖母はワールドエースやワールドプレミアの母マンデラ。ディープインパクトと相性のいい牝系で活躍が見込めます。

■アドマイヤムーン産駒

・ニードルクラフト19 牡馬(母父Mark of Esteem)

全兄弟にスプリンターズステークスを勝ったファインニードルがいるダーレーおなじみの血統です。兄は古馬になってから強くなりましたが早くからの活躍を期待したいところです。

■ダイワメジャー産駒

・グレイトタイミング19 牡馬(母父Raven’s Pass)

半兄に京阪杯を勝ったライトオンキューがいる血統です。父がShamardalからダイワメジャーに変わりますが兄と同じ様に短距離で活躍してほしいですね。

外国産馬

馬主名義のゴドルフィンでは外国産馬も多く走らせており外国産馬にも注目が必要です。

・Heat of The Day19 牡馬(父Teofilo 母父Raven’s Pass)

父TeofiloはGalileo産駒で多くの活躍馬を出す名種牡馬。母系は祖母のPorto RocaがオーストラリアGⅠを勝った活躍馬。同じGalileo系のFrankel産駒の日本相性が良くオーストラリア牝系のスピードも受け継けば活躍できそうです。

・Regency Romance 牝馬(父Shamardal 母父Diktat)

父ShamardalはGiant’s Causeway産駒の種牡馬でPinatubo等の活躍馬を出し短距離に強い馬が多く仕上がりも早い馬が多いです。父Golden Hornの半兄には3勝クラスで活躍しているターキッシュパレスがおり芝の短距離での活躍が期待されます。

まとめ

ダーレーで繋養されている種牡馬の子供が多く、この世代はアメリカンペイトリオット産駒がこけたら非常に苦しくなります。

日本では貴重なWar Front直系の種牡馬になりますので是非活躍馬を送りだして今後につなげてほしいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました