東京競馬場ダート1600m傾向と特徴(脚質、枠順、血統、厩舎、騎手)

競馬場コース傾向

東京競馬場ダート1600mはGⅠフェブラリーステークスやGⅢ武蔵野ステークス、ユニコーンステークスが開催されるコースです。中央の競馬場ではダートの1600mは東京競馬場のみになります。

コースに毎に特徴や傾向がありそれを抑えることで馬券的中の近道になります。ということで今回は東京競馬場ダート1600mについて取り上げます。

スポンサーリンク

コース概要

2コーナー奥の芝コースからスタートし150mほどでダートコースに代わります。

向こう正面は緩やかなアップダウンがあり3~4コーナーはほぼ平坦のスパイラルカーブになっています。

最後の直線は501.6mありダートコースとしては最長。途中高低差2.4mの坂が待ち受けます。

坂を登り切った後も300m以上あり小回りの競馬場とほぼ同じ長さの直線があります。

特にクラスが上がるとハイペースになりやすくスピードとタフさが求められるコースです。

スポンサーリンク

脚質傾向

他のダートコース同様逃げ・先行有利ですが逃げ馬の成績が落ちます。直線が長い事もありますがタフな展開になりやすい分逃げ馬にとっては厳しい展開になることが多いです。

先行勢の成績がもっともよく、馬券的にも回収率が高くなっています。

中団からでもラストの直線で速い脚が使えれば十分に届きます。

枠順傾向

全体成績

内枠の成績が落ち外枠になればなるほど成績が上がる傾向にあります。逃げ・先行馬に絞るとさらにその傾向は強くなります。

逃げ・先行馬の成績

1枠と8枠を比べると勝率、連帯率、複勝率全てほぼ倍の成績です。

芝スタートで外枠の方が芝を走る距離が長くなり逃げ・先行勢はダッシュが付きやすい外枠の方が有利になります。

逆に逃げ馬で内枠に入った場合は割引が必要ですね。

種牡馬傾向

全体成績

出走回数10回以下のデータは省いて勝率順に並べています。

Tapit産駒がトップで複勝率も50%と非常に高くなっています。Smart StrikeやDeclaration of War等アメリカ産馬が上位に並びます。トーセンファントムやスパイキュール等マイナーな種牡馬も強いですね。

次に逃げ・先行馬に絞った時を見てみます。

逃げ・先行馬の成績

キズナ産駒の複勝率が72.7%と驚異的な数字です。全体の5勝の内4勝を逃げ・先行で上げています。

アドマイヤオーラ産駒も複勝率46.7%と高く、逃げ・先行以外では複勝率0%。先行する馬以外は買えませんね。

あとはヴァーミリアン、ゼンノロブロイ、キンサシャノキセキ産駒が浮上してきます。

次は中団・後方からの成績です。

Tapit産駒はどの脚質でも勝率1位。数はあまりいませんが出てきたら狙いたいですね。

出走回数が多い産駒ではヘニーヒューズ産駒が優秀です。ロードカナロア産駒も勝率14.3%とまずまずの成績。

全体的に見るとTapit産駒の優秀さが際立ちます。

厩舎傾向

出走回数10回以下のデータは省いて勝率順に並べています。

出走回数が少ない分関西の厩舎が上位に多くなります。その中で堀厩舎は出走回数も多く勝率1位とかなり優秀。加藤征厩舎も出走回数150回以上ありながら複勝率46%と高い確率で馬券内に入ります。

関西の厩舎では野中厩舎が複勝率44%と良い成績。積極的に遠征してきている様です。平田、西園厩舎も優秀です。

騎手傾向

出走回数10回以下のデータは省いて勝率順に並べています。

勝率は川田騎手がトップの成績。関西の騎手は総じて出走回数が少なくなっています。その中でルメール騎手は関東の騎手と間違えるほど騎乗数が多くなっており成績も複勝率53%とかなり信頼できるレベル。

戸崎騎手も複勝率43.1%と良い結果を残しています。

その他ではデムーロ、武豊騎手の成績が良いですね。

まとめ

✓外枠有利、特に逃げ・先行馬

✓タピット産駒が優秀、キズナ産駒の逃げ・先行馬が◎

✓堀、加藤征厩舎が〇

✓ルメール、戸崎、川田騎手が〇

東京競馬場のコースの中では癖の強い方でしょうか。特に逃げ・先行馬は枠による差が大きくなるので注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました