POG2021-2022 社台ファーム生産注目馬 イスラボニータ、ロゴタイプ、ドレフォン、キタサンブラック産駒

POG2021-22

社台ファーム2019年産注目馬第2弾です。

今回は今年産駒が初デビューのイスラボニータ、ロゴタイプ、ドレフォン、キタサンブラック産駒についてです。

社台ファームではイスラボニータ産駒が21頭、ロゴタイプ産駒が13頭と社台ファーム出身の種牡馬に力を入れている様です。キタサンブラック産駒は9頭と少ないですが良血馬をそろえています。ドレフォン産駒も8頭と少なくノーザンファームの方が力を入れています。

それではそれぞれの産駒の注目馬をピックアップしていきます。

スポンサーリンク

イスラボニータ産駒

カイハオン 牡馬 (母カラフルマーメイド 母父ハービンジャー)

4代母に中央7勝で阪神牝馬ステークス、マーメイドステークス2着のシングライクトーク。近親にフローラステークス等重賞2勝のシングウィズジョイ、フラワーカップ3着のシングライクバード等活躍馬がいます。栗東松下厩舎に入厩予定です。

ジェットグリッター 牝馬 (母ジェットスパークル 母父シンボリクリスエス)

兄弟に中央で5勝しオープンまで昇格したフジキセキ産駒のサトノスティングがいます。母の兄弟にラジオNIKKEI賞を勝ったファイナルフォーム等がいる血統です。

デルマフクムスメ19 牝馬 (母父シンボリクリスエス)

母は皐月賞、安田記念等GⅠ3勝のロゴタイプの妹。3代母はローズステークスを勝ったスターバレリーナで近親に中日新聞杯勝ちのグランパドドゥ、アイビスサマーダッシュ等重賞3勝のパドトロワ等活躍馬が多数いる血統です。

ララア19 牝馬 (母父Tapit)

母は米GⅠハリウッドスターレットステークスを勝った活躍馬。兄弟にマーメイドステークス勝ちのサラス。その他の兄弟もコンスタントに勝鞍を上げています。

レディトゥプリーズ19 牡馬 (母父More Than Ready)

母は米重賞1勝でGⅠマザーグースステークス3着。姉にキーンランドカップを勝ち高松宮記念3着のナックビーナスがいます。兄弟は短距離で活躍する馬が多いです。

スポンサーリンク

ロゴタイプ産駒

・ ミッドナイトミニー 牝馬 (母アンバーミニー 母父ダイワメジャー)

祖母のラブームは仏重賞2勝しており、母の半妹にローズステークス3着のオーマイダーリンがいます。セレクトセールで1100万円で落札されました。

オープンユアアイズ19 牝馬 (母父ヴィクトワールピサ)

祖母のアーヴェイは米GⅠフラワーボウル招待勝ち。同牝系からは日経賞を勝ったガンコが出ています。母の兄弟に3勝クラスで活躍しているサトノラディウス等。

ルージュデザイア 牝馬 (母ノスタルジア 母父ノヴェリスト)

祖母のレッドデザイアはブエナビスタを破り秋華賞を勝った活躍馬です。同牝系には米GⅠアーリントンミリオン勝ちのDebussy等がいる血統です。

ドレフォン産駒

レッドアゲート19 牡馬 (母父マンハッタンカフェ)

母のレッドアゲートはフローラステークス勝ちの活躍馬。半兄に京都新聞杯を勝ったレッドジェニアル、障害オープンで活躍してるノワールギャルソンがいます。

ホヲユイットウ 牝馬 (母エクスプレスレーン 母父ディープインパクト)

母の兄弟に京都新聞杯を勝ったステイフーリッシュ。同牝系にはスプリンターズステークス勝ちのブラックホーク、NHKマイルカップを勝ったピンクカメオ等活躍馬多数。

シェンフォン 牝馬 (母ファニーストーリー 母父Distorted Humor)

半兄に中央で7勝のスマートボムシェル。母の兄弟にブリーダーズゴールドカップを連勝する等地方交流重賞5勝しJBCクラシック2着のシビルウォーがいる血統。

キタサンブラック産駒

ノヴァホーク19 牡馬 (母父Hawk Wing)

母は英GⅠコロネーションステークス2着の実績馬。同牝系には加GⅠカナディアン国際ステークス等GⅠ3勝のジョジュアツリー、クイーン賞等地方交流重賞3勝のトロワボヌール等活躍馬多数。

ヴェールランス 牡馬 (母ジュエラー 母父ヴィクトワールピサ)

母は桜花賞馬。母の兄弟にフィリーズレビュー、函館スプリント等重賞4勝のワンカラット。祖母のバルドウィナは仏重賞勝ち馬。

サウンドクレア 牝馬 (母サウンドバリアー 母父アグネスデジタル)

母はフィリーズレビュー勝馬。半姉に阪神牝馬ステークス、京都金杯等重賞3勝しヴィクトリアマイル2着のサウンドキアラがいます。

エリンコート19 牝馬 (母父デュランダル)

母はオークス馬。従兄に毎日杯勝ちのミュゼエイリアン。同牝系からはブリーダーズカップターフやキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス等GⅠ4勝のコンデュイット。

まとめ

初年度産駒の成績で種牡馬としての価値が大きく変わるため、どの馬も質の高い繁殖牝馬と配合されています。

最近は輸入されてくる種牡馬も増加傾向で競争も激しいですが、何とか活躍馬を出して種牡馬として生き残ってほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました