POG2021-2022 ハーツクライ産駒注目馬情報

POG2021-22

2021年にデビュー予定のハーツクライ産駒情報です。

近年ディープインパクトが配合されていた良血の繁殖牝馬に配合されることが多いハーツクライ。産駒もサリオス等が活躍し種牡馬としての地位を高めています。

2021年にデビューを迎える2019年産の血統当落された馬は112頭。この世代も良血の繁殖牝馬と配合されており期待が持てる世代になっています。

スポンサーリンク

牡馬

スパイダーバローズ ノーザンファーム生産 (母マラコスタムブラダ 母父Lizard Island)

母はアルゼンチンのGⅠフィルベルトレレナ大賞典の勝馬。半姉に阪神JFを勝ったレシステンシア、半兄は京成杯を勝ったグラティアス。

アルファヒディ ノーザンファーム生産 (母ドバイマジェスティ 母父Essence of Dubai)

母はBCフィリー&メアスプリントを勝った快速馬。父ディープインパクトの半兄アルアインは皐月賞、大阪杯の勝馬。栗東池江厩舎に入厩予定。

ソリダリティ ノーザンファーム生産 (母ミュージカルロマンス 母父Concorde’s Tune)

母はBCフィリー&メアスプリント、プリンセスルーニーHの米GⅠ2勝しています。父ディープインパクトの半兄キラーコンテンツはJRA4勝馬。栗東中内田厩舎に入厩予定。

レッドベルアーム ノーザンファーム生産 (母レッドファンタジア 母父Unbridled’s Song)

母はJRA未勝利。祖母にBCジュヴェナイルフィリーズ等GⅠ2勝のPhone Chatter。共に父ディープインパクトの半兄レッドベルジュールとレッドベルオーブはデイリー杯2歳S勝馬。

メイショウベルーガ19 三嶋牧場生産 (母父フレンチデピュティ)

母は日経新春杯、京都大賞典の重賞2勝馬でエリザベス女王杯2着馬。父ディープインパクトの半兄メイショウテンゲンは弥生賞勝馬。全姉メイショウミモザはJRA3勝馬。

アクアテラリウム 社台ファーム生産 (母アクアリング 母父Anabaa)

母はJRA1勝馬。父マンハッタンカフェの半姉クイーンズリングはエリザベス女王杯勝ちの重賞4勝馬。父ヴィクトワールピサの半姉アクアミラビリスはエルフィンS勝ち馬。美浦鹿戸厩舎に入厩予定。

スポンサーリンク

牝馬

ヴィアルネッサンス ノーザンファーム生産 (母ヴィアメディチ 母父Medicean)

母は仏GⅢリューリー賞勝ち。父ダイワメジャーの半兄アドマイヤマーズは朝日杯FS、NHKマイルカップ、香港マイルのGⅠ3勝。

コーディアルギフト ノーザンファーム生産 (母スーヴェニアギフト 母父Souvenir Copy)

母は米G2ランダルースSの勝馬で米GⅠデルマーデビュタントS2着馬。父マンハッタンカフェの半姉デアレガーロは京都牝馬Sの勝馬。父ゼンノロブロイの半兄ロワアブソリューもオープンで活躍しました。

レディナビゲーター ノーザンファーム生産 (母レディスキッパー 母父クロフネ)

母は未勝利特別未勝利ですが曾祖母にディープインパクトの母ウインドインハーヘア。全姉アドマイヤミヤビはクイーンカップ勝ち。父ダイワメジャーの半兄グランアルマダはJRA5勝。

フロムワンズハート 社台ファーム生産 (母ソラリア 母父Scat Daddy)

母はチリGⅠエルダービー、チリ1000ギニー等の勝ち馬。父ディープインパクトの半姉カレンブーケドールはオークス、秋華賞、ジャパンカップで2着。

カワキタアイゼン 木田牧場 (母カワキタラブポップ 母父クロフネ)

母はJRA1勝馬。父ディープインパクトの半姉カワキタエンカは中山牝馬ステークスの勝ち馬。父サムライハートの半兄カワキタピリカはJRA2勝馬。

まとめ

さすがに海外GⅠの勝ち馬に配合されまくっているディープインパクトと比較すると繁殖牝馬の質は落ちますが兄弟に活躍馬がいる等良血馬が揃います。

ハーツクライ産駒も指名から外せませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました