冷やして飲むと最高!とろっとおいしいおすすめ にごり酒紹介

その他雑談

今回は濁り酒のおすすめ情報です。

濁り酒は清酒をろ過する工程で目の粗い布等を使いもろみ等の沈殿物を少し混じらせ白く濁らせたお酒です。その味わいは濃厚でフルーティ。芳醇な香りのする甘口のお酒で冷やしたりロックで飲むのがおいしいです。

日本酒というとなんかおっさん臭い感じがしますが、濁り酒は女性でも飲みやすいものが多くパッケージも女性受けするかわいいものも多く、なんならおじさんには手が出しにくそうなものもあります。

そんな女性も男性も楽しめるお酒の濁り酒を紹介します。

スポンサーリンク

濁り酒の種類

濁り酒には濁り方で4種類に分けることが出来、それぞれで味わいも異なります。

おり酒

沈殿物の量が多くなっており、とろみが強くお米のうまみや発酵した酸味を強く感じることが出来ます。氷を入れてロックで飲むのがおいしいお酒です。

ささにごり

おり酒に比べると沈殿物の量が少なく比較的すっきりした味わいのお酒です。おり酒は風味が強いので初めて濁り酒を飲む人はこちらがおすすめです。

うすにごり

さきにごりよりさらに沈殿物の量を減らしていてさらっとした濁り酒です。甘さも控えめで風味も弱めです。

活性にごり

熱処理せずに瓶詰した濁り酒で、瓶詰後も発酵を続けお酒に炭酸が溶けててシュワっとした刺激の味わえるお酒です。

どぶろくはもろみを全くろ過しない究極の濁り酒みたいなものですが、ろ過工程のある濁り酒は清酒に分類されるのに対しろ過しないどぶろくはその他醸造酒に分類される違いがあります。

スポンサーリンク

濁り酒紹介

三輪酒造 白川郷 純米濁り酒

大変濃厚なおり酒に分類される濁り酒です。かなりトロトロしていますが甘ったるくなくお米本来の甘さを味わえるお酒で、ロックで飲むのがおいしいです。

飲みやすく甘酒の様な感覚で飲んでぐびぐび飲んでしまいますが、アルコール度数は15%あるので飲みすぎには気を付けましょう。

元々白川郷のどぶろく祭りで飲まれているどぶろくを1年中飲めるようにしたいということで製造されており濃厚な濁り酒を味わいたい方にはお勧めです。

小西酒造 純米にごり酒

さらっとしたささにごりに分類される濁り酒です。さらっとはしていますが濁り酒の特徴である柔らかな飲み口を味わえることが出来、甘さも少し控えめですっきりしています。

パッケージもおしゃれになっていて女性にも手が出しやすそうですね。

八海山 発泡にごり酒

発泡性のある炭酸の入った濁り酒です。

沈殿の少ない濁り酒にしてはさらさらしていて、味わいも甘すぎず炭酸ですっきりしています。炭酸が入っており、沈殿が底にたまっているときは無理にかき混ぜず瓶をゆっくりひっくり返す等の注意が必要です。

とても飲みやすいお酒でしっかりとした味の食事やデザートと一緒に飲むのもいいですね。

花の舞 辛口純米 にごり原酒 

トロッとした飲み口を味わえますが、あまり甘くなく辛口の濁り酒です。

辛口なのでサイダーとかと割ってもおいしく飲みやすくなります。甘いお酒が苦手な人にはピッタリな濁り酒です。

黒松仙醸 どぶといちご

とろっとしたにごり酒にブランドイチゴの栃木産とちおとめのピューレを30%も混ぜたもはやデザートと言っていいお酒。

米麹のやさしい甘みにとちおとめが良く合いおいしくいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました