私の出資馬紹介① レッドベレーザ

一口馬主

東京サラブレッドクラブで一口馬主を始めて今年で4年目。1年目は2頭出資しましたが基本は毎年1頭入魂で出資しています(お金がないから・・・)。なるべく安くていい馬を選びたいスタンスです(お金ないから・・・)。今のところデビューした馬は全部勝ち上がってくれていますが、重賞とかで活躍してくれる馬には当たらないですね。それでも愛おしい私の出資馬を紹介します。

スポンサーリンク

レッドベレーザ紹介

募集時のレッドベレーザ
血統

父ディープインパクト

母レッドメデューサ

母父Mr.Greeley

母親のレッドメデューサはデビューした3頭すべて2歳で勝ち上がっており、東サラの看板繁殖牝馬の1頭になりつつあると思います。姉にレッドランディーニ(マーメイドS2着)、妹にレッドフラヴィア(新馬勝ち)。

育成時代~悲しくなる評価の低さ~

始めて出資した馬です。安い馬にしようと思ってましたが、動画の歩様の軽やかさにテンションが上がってしまいディープインパクト産駒なのに思わず出資してしまいました。

1歳の時は月1回更新がありますが、大体能力の高さを感じるだとか書いてあるものなのに、レッドベレーザの場合は馬体に伸びが足りないだとか歩き方がこじんまりとしているだとか書かれていてがっくり。こじんまりとした歩様をいいと思った自分が悲しくなりました。

その後の更新もトモが非力だとかさんざんな評価が続きます。こんな低い評価のディープインパクト産駒がいるのでしょうか?(いやいない)。ノーザンファームの担当者ももう少しいいこと書いてくれてもいいんじゃないの!

しかし、お正月にお尻をぶつけて怪我をして休養を挟んでから評価がガラリと変わります。馬ってこんなに変わるもんなんだなあと勉強になりました。

そして9月に石坂(正)厩舎に入厩します。

デビュー戦から重賞へ

そしてデビュー戦。京都芝1400mで2番人気でした。1番人気はアゼリ産駒のゲンティアナで超良血。なかなかいい馬と一緒になってヤバいんじゃないかと思いましたが単勝1万円をぶっこみました。

レースはスタートは出たものの二の足がつかず後方からになりましたが3コーナー付近から徐々に進出直線に入って先頭に並びかけ最後は2着に1馬身1/4差をつけて勝利。かなりうれしかったです。

新馬線を勝った後は重賞のファンタジーステークスに挑戦します。ダノンファンタジーがいましたがもう勝っちゃうんじゃないかとかなりドキドキして見ていましたが結果は5着。嗚呼、現実は儚いものなのね・・・。

その後

その後は短距離路線で頑張ってくれています。3歳の8月に小倉の1200mで2勝目を上げますがその後2勝クラスをなかなか勝ち上がれません。

あまり切れる方ではないので前の方に付けたいのですが、そうするとかかってしまい消耗して直線伸び切れずというレースになってしまい、なかなか難しい馬の様です。

近走は2桁着順が多くかなり苦戦しています。

でも2勝クラスで4着に入ったこともあり、流れがうまく合えばチャンスもあるかと思います。何とかあと1勝してほしい所です。

頑張れ!!レッドベレーザ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました