絶好調の矢作厩舎の特徴を徹底的に調べてみた。

競馬その他

最近G1や重賞を勝ちまくっている矢作厩舎。2019年はリーディングトレーナーになり2020年も2年連続で獲得しました。他の厩舎と比べて出走回数が圧倒的に多い等厩舎経営は非常にユニークです。2020年はコントレイルが無敗の3冠馬になりまさに絶好調。

今回は矢作厩舎の特徴を徹底的に調べて、馬券的に狙える条件を明らかにしていきます。データはTARGET frontier JV を使用しています。

スポンサーリンク

矢作厩舎の概要

調教師 矢作芳人(1961.3.20生)

開業 2005年3月

通算成績 (2020.12.27現在)

出走回数7044 勝利数679勝

重賞 46勝 G1 12勝

矢作調教師は父親が大井の調教師で幼少期を大井競馬場の厩舎で過ごしています。オーストラリアへの海外修行の経験もあり大井競馬場の厩務員を経てJRAの厩務員となります。

調教師免許試験は14回受けてやっと合格。2005年に開業します。これまでにリーディングトレーナーを3回獲得しており、2020年も獲得しました。

初G1勝利はグランプリボスの朝日杯FS(2010年)。ダービーはディープブリランテとコントレイルで2勝しています。

海外遠征にも積極的でリアルスティールでドバイターフ、リスグラシューでコックスプレートを勝利しています。

厩舎カラーは赤と白。レースに出走時はメンコやバンテージは厩舎カラーで統一しています。

スポンサーリンク

厩舎成績傾向2015~2020年

競馬場別成績

どの競馬場の成績も似たり寄ったりですね。しいて言うと小倉、新潟、福島、札幌のローカルの成績がいいです。東京競馬場の勝率も良くなっています。

勝率の高いコース10選 

芝 牡馬

出走回数20回以上のデータ

まずは芝コース牡馬で見てみます。20戦以下のコースは除いています。勝率が上位に来るコースは小回り、内回りの中距離でコーナー4つのコースが多いですね。長くいい足を使うタイプの馬が多いのでしょう。短距離は総合的に見ると中京1400m以外はあまり良くないです。やはり上位の厩舎だけにクラッシック血統の馬が多いのでしょう。

芝 牝馬

出走回数10回以上のデータ

牝馬は出走数が少ないので10戦以上のデータにしました。阪神2000mの成績が素晴らしいです。全体的に見ると直線の長いコースで1600~1800mでの成績がいいです。牝馬は直線で切れるタイプの馬が多い様です。

牡馬 ダート

出走回数10回以上のデータ

ダートも出走数が少ないので10戦以上のデータにしています。ダートも短距離より中距離の成績がいいです。しかし中京競馬場は1800m、1900mのどちらも成績が良くありません。最近はモズアスコットやジャスティン等のダートの活躍馬が出ていますが、元々は芝を走っており芝で成績が頭打ちの馬をダートで使うというパターンが多い様です。

牝馬 ダート

出走回数10回以上のデータ

牝馬の成績は1700~1800mの成績が良くなっています。牡馬とほぼ同じ傾向です。

コース別の成績から見える特徴は、芝コースでは牡馬は内回りコースの中距離、牝馬は1600~1800mの直線の長いコースで成績が良い、ダートは中距離の成績が良いということになります。

種牡馬別成績

芝コース

出走回数10回以上のデータ

全体的に見るとハーツクライ、ディープインパクトの成績がいいですね。出走数は少ないですがキングカメハメハ、オルフェーヴル産駒もいいです。フランケル産駒はモズアスコットで成績が良くなっています。上位の種牡馬ではロードカナロア産駒の成績が良くないですね。

ダートコース

出走回数10回以上のデータ

ダートもオルフェーヴル産駒の成績がいいですね。オルフェーヴル、ルーラーシップ産駒あたりは最初は芝を使われることが多いので、芝からのダート替わりがねらい目かもしれません。

ローテーション

さすが連投でもある程度の成績を残していますが、3週後(中2週)又は5~9週後出走の成績が良くなっています。10週以上開けた休み明けの成績は落ちていますが、ここは出走回数が多い矢作厩舎の特徴ではないかと思います。G1を勝つ様な馬は休み明けでも結果を残しますが、特に下位条件の馬は叩いた後の馬を狙う方が良さそうです。

騎手

出走回数20回以上のデータ

主戦の騎手は坂井、岩田、藤岡祐、川須騎手で騎乗回数が多いですが、勝負レースにはルメール、川田、福永騎手など上位の騎手を乗せることが多く複勝率も50%程度と高いです。

まとめ

矢作厩舎の成績の良い条件は次の通りです。

Check

✓牡馬は中距離内回りコーナー4つのコース

✓牝馬は1600~1800mの直線の長いコース

✓ダートは1700m以上

✓種牡馬はハーツクライ、ディープインパクト、オルフェーヴル等

✓オルフェーヴル産駒は芝からダート替わりがねらい目

✓休み明けよりたたき2戦目以降

✓騎手はルメール、川田、福永騎手

上位の馬はあまり当てはまらない馬が多いですが、その分2勝C以下ぐらいでは当てはまりが良く馬券を狙う参考になるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました