中京競馬場ダート1800mの傾向と特徴(脚質・枠順・種牡馬・厩舎・騎手)

競馬場コース傾向

中京競馬場ダート1800mはGⅠチャンピオンズカップやGⅡ東海ステークスが開催されるコースでダートの重要レースが行われます。

JRAに2つあるダートGⅠの内の1つと唯一のダートGⅡが行われるコースということでこのコースの傾向や特徴を知ればダート重要レースの馬券もとれるはず。

ということで中京競馬場ダート1800mの傾向を調べていました。2016年からのデータを使用しておりTarget fronntier JVを使用しています。

スポンサーリンク

コース概要

正面スタンド前からスタートし1周するコースです。スタートが直線坂の途中からであるのと第1コーナーのカーブが急なため前半はスローになりやすいです。

向こう正面で下り坂になる残り1000mからペースアップしスパイラルカーブの3~4コーナーを回り直線の坂を超えてゴールになります。

直線は410.7mとダートコースとしては長くなっています。

スポンサーリンク

脚質傾向

前半がスローペースになりやすいため逃げ・先行有利です。直線が長いので中団からでも届き上がり3ハロンが上位5位以内であれば複勝率は44%。しかし大外ぶん回しでは厳しく馬群を縫って差して来れる馬でないと上位には入着できません。

枠順傾向

内枠が若干有利で大外枠の8枠の成績が落ちます。牝馬は特に1枠の成績が良くなり勝率10%、複勝率23%。

道中も内にポジションを取った馬が有利です。

種牡馬傾向

複勝率の高い順に並べて抜粋しており、出走回数10回以下のデータは除いています。

スペシャルウィーク、その子供のリーチザクラウン産駒の成績が良くなっています。マジェスティックウォリアー産駒の成績も上々。全体で見ると水色に塗られているミスタープロスペクター系産駒の成績が良くなっています。

逆にあまり良くないのはスクリーンヒーロー、スマートファルコン産駒。特にスクリーンヒーロー産駒は期間内に勝ち星をあげれていません。

厩舎傾向

複勝率の高い順に並べて抜粋しており、出走回数10回以下のデータは除いています。

河内、藤原英、松永幹厩舎の成績が良いです。特に松永幹厩舎は出走回数も多く信頼度が高いです。

昆、中内田厩舎もいいですね。

騎手傾向

複勝率の高い順に並べて抜粋しており、出走回数10回以下のデータは除いています。

浜中騎手が複勝率トップで56.3%と優秀。北村友、川田騎手と続きます。ルメール騎手も優秀ですが他のコースと比べると若干落ちます。

関東の騎手では戸崎、横山典騎手が優秀です。

池添、松田大騎手は期間内に勝ち星をあげておらず振るいません。

まとめ

✓逃げ・先行有利、差し馬は内々を差せる馬

✓内枠有利、8枠は成績低下

✓ミスタープロスペクター系の種牡馬が〇

✓松永幹厩舎、浜中騎手が〇

内にポジションを取る馬が有利ですのでもまれ弱い馬等は不利になり注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました