中京競馬場芝1200mの傾向と特徴(脚質・枠順・種牡馬・厩舎・騎手)

競馬場コース傾向

中京競馬場の芝1200mはGⅠ高松宮記念が行われるコースです。高松宮記念は人気薄の馬が3着以内に飛び込んでくることが多いレースです。

条件戦でもクラスが上がる程荒れやすく高配当が狙えるコースです。

コースの傾向や特徴を知っていれば高配当の馬券も取ることが出来るはず。ということで中京競馬場芝1200mの傾向を調べました。

データはTarget frontier JVで2016年~のデータを使用しています。

スポンサーリンク

コース概要

向正面の途中からスタートします。

スタート直後から下り坂になり残り800m付近から第3コーナーに入ります。スパイラルカーブのコーナーを回り直線の坂を超えてゴールとなります。直線の長さは412m。

他の競馬場のコースと比較するとコーナーでペースが緩むことが多く、その分後半のラップタイムが速くなります。

スポンサーリンク

脚質傾向

逃げ馬が圧倒的に有利なコースです。複勝率は50%近くあり単勝回収率は318%。コーナーでペースが緩みやすい分逃げ残りやすくなっています。

中団からでも上がり3ハロンが5位以内であれば複勝率40%を超え十分届きますが、人気馬が直線伸びてこずそのまま沈むケースも良くあります。

人気の有無に関わらず逃げ馬をチェックしておくことが必要ですね。

枠順傾向

全体傾向

1枠~5枠と6枠~8枠ではっきり成績に違いがあります。特に連帯率、複勝率は6枠より外枠ではかなり低下しています。外枠はかなりの不利になる様です。

次に4コーナー5番手以内の逃げ・先行馬について見てみます。

逃げ・先行馬の傾向

逃げ先行馬の場合は内枠有利の傾向が強くなります。特に1枠~3枠の成績がかなり良いです。

内枠に入った逃げ・先行馬はこのコースでは狙い目になります。

種牡馬傾向

複勝率の高い順番に並べており、出走回数10回以下のデータは除いています。

ロードカナロア産駒が勝率23.7%、複勝率47.4%と素晴らしい成績。ディープインパクト産駒も優秀な結果です。

ジャングルポケット産駒は短距離のイメージがありませんが複勝率42.9%。複勝回収率も569%と高くヒモで狙える条件です。

アドマイヤムーン産駒は複勝率14%とこのコースでは低調。ルーラーシップ、ヴィクトワールピサ産駒は期間内に勝ち星をあげれていません。

厩舎傾向

複勝率の高い順番に並べており、出走回数10回以下のデータは除いています。

池添学、藤原英厩舎の成績が良くなっています。出走回数が多い厩舎では音無厩舎の成績が良いですね。関西圏の競馬場になるので関西の厩舎が上位に並びます。

騎手傾向

複勝率の高い順番に並べており、出走回数10回以下のデータは除いています。

福永騎手が勝率34.3%、複勝率57.1%と圧倒的な成績です。川田騎手はここでも優秀。

津村、北村、幸騎手も良い成績です。

ルメール騎手は全体的な成績と比べるといまいちな結果です。

岩田親子、和田騎手も複勝率10%台前半で低調です。

まとめ

✓内枠の逃げ・先行馬有利

✓ロードカナロア、ディープインパクト、ジャングルポケット産駒が〇

✓池添学、藤原英、音無厩舎が〇

✓福永、川田、津村、北村、幸騎手が〇

他のコースと比較すると傾向が強く出ているコースです。

うまく利用して高配当馬券をゲットしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました